原方刺し子のご紹介

皆様方のご協力で原方刺し子を映像に残すことが出来ました。

原方刺し子とは

刺し子(さしこ)とは、手芸の一分野で、布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむことで、麻や木綿しかなかった昔、布に糸を2刺すことによって少しでも丈夫に、そして暖かくという生活の知恵と、家族への愛情が作り出した手仕事のことです。

このような刺し子は、士族よりむしろ生活が貧しい庶民が利用した手芸です。
ところが・・・

花ぞうきん

米沢には昔から「花ぞうきん」と呼ばれる、刺し子を施した雑巾が伝えられています。

この「花ぞうきん」は、関が原合戦敗戦後、120万国から米沢30万石に減移封された上杉家とともに移り住んだ武士「原方衆」たちが半農半士を余儀なくされ、その妻たちが、着るものもままならない貧しさの中で、布に糸を刺すことでつなぎ合わせたり重ね合わせて、丈夫に長持ちするようにと刺し子を施したことが始まりです。

家禄を失い、田畑を開墾しながらも武士としての気概だけは忘れない!蜂の巣(亀甲)のような形の枠をとり、様々な美しい文様を施した花ぞうきんは「上杉藩下級武士のその妻たちが狂ったような貧しさに居直って、針を懐刀にして士族としての誇りを失わずに身構えた執念の業」それが原方刺し子なのです。

原方刺し子「花ぞうきん」

玄関マット