上杉米沢藩士族としての意地とプライドが産んだ「原方刺し子」
伝統技法に込められた思いを受け継ぎ、後世へ伝えてまいります

                   「さしこ工房創匠庵」

原方刺し子とは

刺し子(さしこ)とは、古くから伝わる手芸の一分野です。
布地に糸で幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむことで、
麻や木綿しかなかった昔、布に糸を幾度も刺すことによって
少しでも丈夫に、そして暖かくという生活の知恵と、
家族への愛情が作り出した手仕事のことです。

このような刺し子は、士族よりむしろ生活が貧しい庶民が
利用した手芸です。 ところが・・・

原方刺し子「花ぞうきん」
米沢には昔から「花ぞうきん」と呼ばれる、
刺し子を施した雑巾が伝えられています。

この「花ぞうきん」は、関が原合戦敗戦後、
120万国から米沢30万石に減移封された上杉家
とともに移り住んだ武士「原方衆」たちが、
半農半士を余儀なくされ、その妻たちさえ着るもの
もままならない貧しさの中で、布に糸を刺すことで
繋ぎ合わせたり重ね合わたりして、丈夫で長持ち
するようにと刺し子を施したことが始まりです。

家禄を失い、田畑を開墾しながらも、武士としての
気概だけは忘れない!蜂の巣(亀甲)のような形の
枠をとり、様々な美しい文様を施した花ぞうきんは
「上杉藩下級武士のその妻たちよる、狂ったような
貧しさに居直って、針を懐刀にして士族としての誇りを
失わずに身構えた執念の業」それが原方刺し子です。

他に類をみない原方刺し子の歴史と伝統文化。
どうぞ一度手にとってご覧ください。

原方刺し子

刺し子教室

あなただけの思い出の作品作りに挑戦してみませんか?

作品

作品の一例を掲載しております。ぜひご覧になってください。

原方刺し子のご紹介

原方刺し子の歴史をご紹介しております。

最新記事

刺し子工房 創匠庵

プロフィール

プロフィール

刺し子工房 創匠庵の代表である遠藤きよ子の略歴を掲載しております。

作品販売

作品販売

作品の販売を行っております。ぜひ一度ご覧になってみてください。

イベント

イベント

展示会など、さまざまなイベントを行っております。機会があればぜひ参加してみてください。


刺し子工房 創匠庵


〒992-0039
山形県米沢市門東町1丁目1-11
営業時間: 平日 AM10:00〜PM5:00
TEL: 0238-23-0509

※冬季の営業は12/1~3/31日まで休館となります。